2016年6月5日放送の乃木坂工事中で発表された15枚目シングルのメンバーフォーメーション

2016年6月5日放送の乃木坂工事中(やっとテニスで潰れなくなって嬉しい!笑)

ついに15枚目となります乃木坂46のシングル楽曲の選抜メンバーが発表になりました(o・ω・o)

最近のシングル楽曲では西野七瀬さんと白石麻衣さんによるWセンターだったり、メンバー卒業となる深川麻衣さんがセンターになったりと、じゃあ次のセンターは誰だ!?といった感じで予想がなかなかつきません(´・ω・`)

まぁそんなわけですが、15枚目シングルの選抜メンバー並びに、そのフォーメーションが発表されましたので弱小乃木坂46ファンでもありますので書いてみます_〆(・ω・` )

スポンサーリンク
レクタングル(大)

乃木坂46の15枚目シングルの選抜メンバーフォーメーション

今回の選抜メンバーは16人です。

3列目に6人、真ん中2列目に5人、最前列1列目に5人、という形式のようです。

 ⑪北野日奈子  ⑫星野みなみ  ⑬若月佑美  ⑭生駒里奈  ⑮堀未央奈 ⑯中元日芽香
 ⑥高山一実  ⑦衛藤美彩  ⑧松村沙友理  ⑨秋元真夏  ⑩桜井玲香
 ①橋本奈々未  ②西野七瀬  ③齋藤飛鳥  ④白石麻衣  ⑤生田絵梨花

中元日芽香さんは選ばれるとは思っておらず、どうすれば選抜に入れるのか、と悩んでおられたようで、、沸々と湧き上がるような喜びを涙をこらえつつお話なさってました(^O^)

堀未央奈さんはハルジオンに続き2作連続の選抜入りとなりました。

生駒ちゃんは、今回も選抜入りはするものの、またもや3列目…しかしながら、3列目というポジションには生駒さんに刺激や新たな発見などがあるとのことで、ご納得しているようです。

若月佑美さんは、『マンネリ感』は否めないと正直に話しておられました。

しかし、アスリートなどがマンネリを脱するにはそれを続けるしかない、との言葉もあるそうで、若月佑美さんもそんな感じでとにかく続けるそうです。

星野みなみさんは⑫番くらいだろうな、と予想しており、その通りになったそうです。

桜井玲香さんは3作ぶりの10福神になれたようです、今年の夏で乃木坂も6年目にもなるし、3期生も入ってくることもありますし、この15枚目のシングルでまた変わった乃木坂にしていきいたいのだそうです。

秋元真夏さんも乃木坂の活動を始めて3年半近く経過し、後輩グループには欅坂46も登場しており、後ろから追われる身分になったという思いがあるとのことで、追い越すことを目標とされる存在になりたいとのことでした。

そして、松村沙友理さんですが1年半ぶりに十福神の立場が与えられました!

握手会などで、「福神おめでとうございます!」と福神じゃないのに言われたりして、かと言って否定も出来ず、苦労なさっておるようで、、

バナナマン設楽統さんが、とにかく優しく松村さんを応援しておりました、、そろそろ2年くらい経過しようとしているのに、なかなかシリアスな感じでした(´・ω・`)

衛藤美彩さんも、新しいことや刺激がないとダメなのではないか、と若月佑美さんと同様に思っていたりもするそうで、結果、何が正解かわからない感じではありますが、とにかく頑張るそうです(ザックリ)

高山一実さんは、せっかくアイドルとして活動しているので、1人でも多くの人に人生を楽しく出来るように頑張りたいそうで、大変スケールの大きな目標にも思えますが、やはりアイドルとしての原点はそこなのではないか、というしっかりとしたアイドル哲学のようです。

ここからが最前列ですが、生田絵梨花さんがまず発表されました。

続いて、橋本奈々未さんが①のポジションです、すべてのシングルで福神である橋本奈々未さんですが、23歳である今、周囲の同級生のお友達はだいたい新卒2年目の社会人であり、話していると大変魅力的なお仕事に聞こえており、しかし、お友達にとっては橋本奈々未さんのアイドル業も魅力的であると思われているに違いないとのことで、だったらめいいっぱい楽しもうということを冷静に考えられるようになっているそうです。

そして④ポジションの白石麻衣さんですが、グループのためにも、そして自分のためにも力をつけていきたいと思うことが多いそうで、シングルは一瞬の時間なので、とにかく楽しんでいこうとのことでした。

②ポジション、こちらに西野七瀬さんが発表されました。

西野七瀬さんは毎日楽しいと思う反面、毎日「どうしよう」と思う悩みのほうが多いのだそうで、溜め込んでしまうそうで…

しかしすでに紅白に2016年も出場する!という目標などもあるようで、頑張るそうですが、、他の誰よりも大泣きしておられたので、大丈夫なのでしょうかと気になるところです、が、その姿があまりにも可愛らしいのでまたファンが増えるんじゃね!?と普通に思えました(´・ω・`)

齋藤飛鳥さんが15枚目シングルのセンター

齋藤飛鳥さん、いつかこの子が乃木坂の中心になるだろう!などと2013年くらいにはすでに思っていました(ほんとに!)、やはりその日が現実のものとなりましたね(o・ω・o)

齋藤飛鳥さんは、自分が頑張っている姿を人に見られることが好きではないのだそうです。

「私はこんなことを頑張ってますよ!」と発信することも得意ではなく、しかし、14枚目シングルの時には自分なりに努力もたくさんし、色々考え、発信もしてきたつもりなのだそうですが、足りないなにかを感じているようで、、

15枚目シングルでは、もっと頑張ろうという思いが強いようですが、西野七瀬さんなどと同様に、首を横に振る感じでした(´・ω・`)

そして、乃木坂の夏のシングルと言えば明るい感じの夏曲になることがこれまでの定番であり、齋藤飛鳥さんご自身は自分には明るい曲は似合わない、という気持なのだそうで、「ほんとごめんさない」としか言えない感じであり、せっかく今現在乃木坂46がいい感じで来ているのに、「自分のせいで売れなくなっちゃう」とまでおっしゃいました笑

バナナマンさんが締めくくりました、「乃木坂はこの感じが良い」、という発言でした。

多くの乃木坂ファンが頷いた瞬間ではないでしょうか、弱さをさらけ出す感じと闇的な感じが乃木坂っぽさのひとつですよね~!

スポンサーリンク
レクタングル(大)
レクタングル(大)
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをお気軽にどうぞ♪

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です


*