Amazonアソシエイトで誤って自分で購入に至ってしまった場合の対処法のお話

「ブログやサイトを作成し、Amazonの広告を掲載して収益をあげたい!」

とお考えで、Amazonでのアフィリエイト(Amazonアソシエイト)を登録しようと考えている方へ(主に初心者様へ向けて)。

アフィリエイトをする上で”自己アフィリ”というものが存在します。

超有名大手のA8ネットやアフィリエイトBなどが取り組んでいる”セルフバック”や”スマイルモール”というものがそれに該当します。

自分で購入したり利用することで、収益につながる、というものです。

メリットがあるので、僕も時々ですが利用しています。

簡単な事なのですが、どこのASPでも自己アフィリを許可しているわけではない、という事です。

Amazonアソシエイトでは、禁止事項です。

本当に、簡単な事なのですが…昨日僕は操作ミスにより、アソシエイト経由でAmazonの商品を購入してしまいました(というか、いまだに自分でもどうしてそうなったのかわかりません…)

スポンサーリンク
レクタングル(大)

AmazonアソシエイトとAmazon.co.jpは別物!

今回、自分自身に念を押す事となりました。

タブなどで常時Amazonアソシエイトを開いていると、Amazon.co.jpなのかAmazonアソシエイトなのか、判別出来なくなってしまうのかもしれません(僕は管理や整理整頓が時に苦手なようで…orz)

ついつい、アソシエイト画面で商品検索をしてしまうんです…

なんか、良い物あるかしら、って。

で、ついつい購入しよう、そうしよう、というとんでもない凡ミスをしてしまう…という人がいるのです(ここに)。

いつも気をつけていたつもりなんですけどね…なんで今回こんな事になってしまったものか…。

アソシエイト経由で自己アフィリを犯さぬようにする注意点

  • クッキーの都合上、自身のアソシエイトリンクを(正しく貼れているかのテストなどで)踏んだ24時間以内には購入しない

という事でしょうかね。 これからAmazonアソシエイトに参加しようと考えている人にはハテナマークの出る記事だったかもしれませんねこれは。

説明が上手にできずに、お恥ずかしいですorz

とにかく、Amazonで自己アフィリしよう!とか、そんな事は絶対に思わない事です。

これだけとりあえず覚えておくと厄介な目に遭わないで済むと思われます。

Amazonアソシエイト様に謝罪メールを送りました

今朝方アソシエイト経由での購入をしてしまった事実に気付きましたので、昼ごろに早急に問い合わせフォームから謝罪の旨を伝えました。

即返答があり、お許しをいただけましたので、一安心…ε-(´∀`*)

ちょっとしたトラウマになりそうです(´;ω;`)

フォーム送信系の大事な局面では、しっかり頭の中をスッキリさせた状態で取り組まねばなぁ…と肝に銘ずるばかりです。

Amazonアソシエイトをしている人がAmazonを利用して買い物をしたい場合のベストな方法

まぁ、こんな見出しをつけてしまいましたが、率直に申し上げて、

『プライベートウィンドウを使用する』

ということだと思います。

クッキーなども含め、履歴が残らないウィンドウのことですね(o・ω・o)

Google Chromeブラウザにも、Firefox系のブラウザにも備わっている機能ですので、Amazonで購入したい場合にはプライベートウィンドウを使用しましょう!

スポンサーリンク
レクタングル(大)
レクタングル(大)
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをお気軽にどうぞ♪

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です


*