しゃべくり007の2時間スペシャルで杏さんが会いたい人

しゃべくり007が2015年7月6日放送となりました。

ゲストの杏さんが会いたい人に選んだ漫画家さん、画家さんの先生のお三方をご紹介!

2時間スペシャルにふさわしい豪華な方々が杏さんの会いたい人としてスタジオにも登場しました(๑•̀ㅂ•́)و✧

そんなわけで、しゃべくり007を見ながら大急ぎで記事をまとめあげていきたいと思いますφ(..)

スポンサーリンク
レクタングル(大)

まずはみなもと太郎さん

”風雲児たち”という幕末を描いた名作漫画があります。
巻数も多いだけではなく内容も濃いそうですよ!
歴史好きでまだ読んでいない人にはオススメかもしれませんね( ・`ω・´)b

しかし、スタジオにスケジュール上の都合でみなもと太郎さんは来られませんでした(´・ω・`)
そのお詫び?として、杏さんへ、サインつきのコミックスをプレゼントされていました。

藤田和日郎(ふじたかずひろ)先生

うしおととらの原作者!
”藤田和日郎”と書いた封筒を持った方に、
「これは編集者に違いない!」と思い、藤田和日郎さんへの熱い思いを伝えた事もあるのだそうです!
しかし、うしおととらも少年漫画の代表格ですね、杏さんは男の子っぽい作品が結構お好きなのですね(´・ω・`)

藤田和日郎先生も、制作活動で多忙との事でスタジオには来られませんでした…。

やはり藤田和日郎先生も杏さんのために”うしおととら”タッチな杏の似顔絵をプレゼント!
これがとてもかわいかった!

山口晃さん

山口晃さんは画家さんですが、エッセイ漫画も書いているようですよ!⇒すゞしろ日記

スタジオに来るのでしょうか…これで来なかったら、3人中誰も来てくれない!という事態になってしまいます、2時間スペシャルなのに…

当然、来ました!
まぁそりゃそうですよね!笑

山口晃さん、手ぶらで登場したのでメンバーからのつっこみの嵐にあいました!

しかし山口晃さんご自身の作品がずらりとスタジオに並びました、作品展ですね(´・ω・`)

簡単に言うと、今現在の人が昔に居るというような世界の作品、江戸時代とかなのかな…?
3cm仕上げるのに1週間、非常に緻密な絵です…
絵心があまりないのでどう説明していいものか…

こんな時にインターネットは便利です!
山口晃先生の作品が結構色々見れちゃいますね( ・`ω・´)b

スポンサーリンク
レクタングル(大)
レクタングル(大)
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをお気軽にどうぞ♪

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です


*