朝井麗華さんが2015年11月2日放送のバイキングに登場し肩こり解消法を紹介してくれました!

2015年11月2日放送のバイキングのひるたつに朝井麗華さんが出演しました(o・ω・o)

キーワードは『リンパ』、朝井麗華さんはリンパの達人さん!

本業は整体師さんだそうです(´・ω・`)

著書がこの1年間で累計15万部売れています!

その著書がコチラ⇒病気がいやならわきの下をもみなさい

リンパのめぐりが悪く、滞り、つまっていると結果として病気(心筋梗塞など)を招くことになったり、肩こりや頭痛が悪化したりしがちなのだそうです。

脇の下を押してみて、痛かったら病気予備軍かもしれない、ということなのですが…

やり方は脇の下を4本の指先でギュッとしっかり挟む、ということです。

日本人の90%程度の人は肩こりなどを抱えており、痛みを感じるかもしれないようです。

それではリンパに関して更に追ってまとめてみます(o・ω・o)

スポンサーリンク
レクタングル(大)

主要リンパは5箇所ある

  1. 頸部リンパ
  2. 鎖骨リンパ
  3. 腋窩リンパ
  4. 鼠径リンパ
  5. 膝窩リンパ

その中でも脇のリンパ、腋窩リンパがもっともつまりやすい箇所という事だそうです。

ですので、リンパの流れをよりよくしていたいものです。

リンパ改善により効果的な入浴法

全身浴がいいのか、半身浴がいいのか、温度は?

昨今では半身浴が良いとされる傾向にありますが、リンパ改善に良いのは、

42度のお湯で全身浴、と朝井さんはおっしゃいます。

30分以上の半身浴でも良いのですが、多忙な人が多い現代人、という事で集めのお湯に10分全身浴をするとリンパの流れが改善されるので良い、という事だそうです。

リンパ改善により効果的な食べ物

ずばり、納豆です。

発酵食品は体を温めるはたらきがあり、血液循環が促され、リンパのめぐりも良くなります。

発酵食品なので、ヨーグルトなども良いそうですが、今回は納豆が推奨されました。

更に発酵食品であるキムチなどをあわせて摂取するとより一層効果の期待が高まるそうです。

東京ヴェインクリニックの近藤啓介院長も、納豆などの発酵食品には血液をサラサラにする成分があり、リンパのめぐりの改善につながる、とおっしゃいます。

さらに納豆に含まれるカリウムにも注目です。

カリウム=利尿作用があるので、それによりむくみの改善も期待できるということなので、納豆はリンパ改善にはうってつけの食材と言えそうです。

1日に水2リットル飲むことには落とし穴が

いかにも良さそうな感じがしないでもないですが、落とし穴があるといいます。

人間が一回で吸収できる水の量は100cc程度と言われています。

スポーツなどでたくさんの発汗があった場合には水をがぶ飲みしても良いそうですが、デスクワークやお家でくつろいでいる程度の場合は一回100cc程度で充分だそうで、それ以上摂取しても体に溜め込んでしまい、むくみの原因につながる事になるそうです。

大量に、ではなく、こまめに!ということですね(o・ω・o)

30秒でリンパ改善!?

本題とも言えるかもしれません、早急にリンパ改善出来るなら、そうしたい!と思うものです(´・ω・`)

簡単!わき流し法のわきもみ

①わきの下に親指をあてる

②肩甲骨の丈夫に残りの4本の指をあてて挟む

③わきをしっかり揉み(掴み)10秒間グーッと押す

④ゆっくり離す

肩から指先にかけて、じわっと血が流れていき、ポカポカとしていきます。

これを3回繰り返します、腕はおろしてラクな状態でおこないます。

理論としては、普段ほとんど使わない大円筋という部位を刺激できて、その事でリンパの流れが改善されていくという事なのだそうです。

これで肩こりや首こりを解消できますよ!ということでしたヽ(=´▽`=)ノ

スタジオでも実践しましたが、ブラマヨの吉田さんも坂上忍さんも絶叫していました…(゚д゚)!

朝井先生ちょっとSなのでしょうか…笑

強さは、お好みの感じでやっていいそうです、隙間時間にちょこまかちょこまかやっていいそうです。

簡単!わき流し法わき回し

①わきの下に4本の指を入れる

②親指は大胸筋を押さえる

③10秒押す

④血行を良くするために腕を前後に5回ずつまわす

大胸筋と腕の筋肉をほぐすことになり、回すことで様々な角度で指がハマっていくのでわきのリンパがめぐるということだそうです。

肩こりの人は前肩になっているので、その縮こまりを改善し肩が開く事もできるそうです。

それにより、姿勢も改善されるということにつながります(o・ω・o)

揉むだけで風邪予防に効くリンパ

頭の後ろ、髪の生え際にある風池という箇所。

風邪の邪気が池のように溜まる場所、という風池。

ここをほぐすことで、風邪予防になるそうです!

両方の親指で左右の風池に当て、少し頭を後ろにそらします、これで風池にしっかりと指がハマります。

風池をほぐすことでセキや喉の痛みや鼻水といった風邪の初期症状を軽減できるそうです!

運動後とかにやってみようと思いますこれは(´・ω・`)

リンパへのアプローチをすると意外にめぐってくれるので、免疫力もアップしますので積極的に取り入れたい健康法です!

スポンサーリンク
レクタングル(大)
レクタングル(大)
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをお気軽にどうぞ♪

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です


*