DMMモバイルと楽天モバイルのSIMフリー、個人的にはDMMモバイル推し

連日”SIMフリースマホ”関連の記事を書いている。
なかば、勉強しながら自分のためにも書いている。

非常に選択肢の多いSIMフリーの世界。

BIGLOBE、DMMモバイル、楽天モバイル、などを個人的に調べてきた。
大手ばかりだ、その中でも山下智久さんがCM出演中のDMMモバイル、これが現在もっとも良さそうだという結論に達しそうだ。

スポンサーリンク
レクタングル(大)

DMMモバイルのメリット

メリットその1:僅差とも言えるものの、月額使用料金が最も安いということ挙げられる。

多くのSIMフリーサービスで、データ使用プランが3段階くらいにプランが分かれている。

ざっくり言うと、”3・5・10”という感じ。
弱・中・強をイメージできる。

今回これを、ライトユーザー、スタンダードユーザー、ヘビーユーザー、と定義付けてみる。
しかし、多くのスマホ(iPhone)利用者の多くが月間に2GB程度しかデータを使っていないという統計も以前目にしたことがある。
もちろん、使いすぎで通信規制がかかってしまう人も非常に多いが、全体を通して考えた時、スタンダードユーザーよりもライトユーザーのほうが多そうだな、と思える。

BIGLOBEが⇒”3・6・10”
楽天モバイルが⇒”3.1・6・10”

という3プランだ(単位はGB/月)。

3.1といっても、まぁほぼ3だろうよ…。

ではDMMモバイルはどんなプランが用意されているかと言うと、
”1・2・3・5・7・8・10”だ。

一見、非常に複雑怪奇とも言える、細かすぎる。
しかし言い換えれば、ユーザーのニーズに極力応えようというきめ細やかな方針ではないだろうか。
これもDMMならではのメリットなのだ(メリットその2としておく)。

「結局、月間で1GBのプランにした時に最も安いだけとか、そういうカラクリか~」
と思うのは、それは間違い。
同等プランの3社の月額料金を比較をしてゆく。

なお、通話付きSIMのサービスを比較してゆく。

データ通信のみの場合各社以下の比較よりも当然安い。

月額1GB/月プラン時の料金比較

月額1GB/月プランはDMMだけのプランではない。
一応BIGLOBEからも月額1GB/月プランの提供ある。

BIGLOBEの月額1GB/月プランは月額1,600円(税抜き)。

では、DMMの1GBプランの料金はいくらか?と言うと、1,260円(税抜き)

340円ほど、DMMのほうがお安く済む。

楽天には月額1GB/月プランはない。
200kbpsという低速でよければ使い放題ですよ、というプランがある(ベーシックプラン)。
200kbps、どんなもんだろうかね。
ちなみにこのプランの料金は1,250円。

そして、DMMモバイルの1GBプランには直近3日間の通信制限がない、これもメリット。
というかDMMモバイルのすべてのプランにおいて直近3日間制限がないのだ。
これもDMMモバイルならではだ(メリットその3としておく)。

他2社には直近3日間の使いすぎ制限が現在(2015年6月)でもまだある、今後の規制撤廃はどうなるか不明。

3社の中で最もデータ通信を利用しないプランを選択するならば断然DMMモバイルが優位、という結論に至る。

月額3GB/月プラン時の料金比較

月額3GB/月(ライトユーザー向けと定義)プランの比較表。
※楽天のみ3.1GB/月だが、四捨五入で3GBとカウントさせていただく。

BIGLOBE 1,800円/月
DMMモバイル 1,550円/月
楽天モバイル 1,600円/月

やはり、プランを変えてもDMMモバイルに僅差ではあるが軍配が上がる。

3社のスタンダード的なプランを比較

BIGLOBEが月間6GB/月
DMMモバイルが月間5GB/月
楽天モバイルも月間5GB/月

こんな感じのスタンダード的なプランがある。

月額料金は、
BIGLOBE⇒2,405円
DMMモバイル⇒1,970円
楽天モバイル⇒2,150円

ここでもDMMモバイルが安い。

「5GBとかイヤだ!どうしても6GBがいい!」

こんなニーズ、ある…?
絶対ないと言い切りたい。
あったとしても些細すぎるし、だったらDMMの7GBプランというのがあるし、そっちがいいのでは?と提案したくもなる。

DMMモバイルの7GBプランは2,580円だ。
BIGLOBEの6GBプランと175円しか変わらない、1GBも多く使えるのにですよ!笑

月額10GB/月プランの比較

いよいよヘビーユーザー向けプランの比較。
ここで料金体系がいよいよ僅差が大差になってきます。

BIGLOBE 4,690円/月
DMMモバイル 2,950円/月
楽天モバイル 2,960円/月

DMMと楽天で僅差中の僅差となります。
ヘビーユーザーの場合はもはやDMMでも楽天でもどっちでも好きな方にしたらいい、そんな感じでしょうかね。

まとめ

SIMフリー料金体系を比較してゆくとDMMなのか、楽天なのか、と絞れても来る。

料金は僅差な場合が多いのだから、普段楽天サービス(楽天市場など)の利用をする機会が多い、などの人は楽天モバイルがいいのかもしれない。
なぜなら楽天市場での買い物時のポイントがずーっと2倍、SIMフリー月額料金のお支払い100円につき1ポイントバック、などの特典もある。

貯まったポイントでSIM代金の充填に、という使い道も視野に入ってくる。

当然、DMMのサービスを多用している人はDMMのポイントを充填、とも言えそうだ。

大結論:DMMモバイルにするメリットが明らかにあるのは”ライトユーザー”

あるいは、”超ライトユーザー”だ。
ライトユーザーと繰り返しているが、Wi-Fi環境をうまく使いこなせる人も当然含む(ある種ヘビーユーザーである)。

かといって、DMMモバイルの1GBプランよりも10円ばかりお安い楽天の200kbpsのプランにするメリットはないだろう。

しかしまぁ、DMMモバイルと楽天モバイルはかなり競っているのだな、と学ばせてもらえた。
取り扱い端末状況をみても、それは言える事だ。

話題のAndroid5.0端末(ファーウェイ製のP8lite等)も両者取り扱いがある。

こんだけ書いといて、自分が月間にスマホでどれくらいのデータ量を使うものなのか、がわかっていない笑
1GBでも間に合わせる事も可能だし、3GBで安心感を持って利用してゆくことも可能だろうし…。

まぁ途中でプラン変更可能だし、あまり考えすぎると疲れるのかもしれませんね…。

インフォメーション

DMMmobile



ひとつ言えるのは動画はWi-Fi接続時のみにしとくのが賢明、という事ですね。
この事だけは2015年現在においてもいい切れそうです(´・ω・`)

スポンサーリンク
レクタングル(大)
レクタングル(大)
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをお気軽にどうぞ♪

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です


*