がん予防効果が高い掛川市の深蒸し茶は水出しする事によりエピガロカテキンが多く抽出可能!

2015年の12月1日にお昼のフジテレビ系のバイキングという番組でがん予防の特集をする放送がありました。

その中で『掛川市の深蒸し茶』がオススメされていました。

がん予防効果が高いという情報でした、お茶を飲む習慣がある人は相当数だと思いますので、掛川ブランドとも言えそうな『深蒸し茶』の事はしっかり覚えておきたいものですね(o・ω・o)

スポンサーリンク
レクタングル(大)

掛川市の深蒸し茶とは?

他のお茶処の茶葉よりも渋みが強い掛川市の茶葉。

それを、なんとかして美味しくできないものか、と考案されていった飲み方が『深蒸し』という方法なのだそうです。

そうして完成した深蒸し茶のいわば副産物として、高いがん予防効果が期待できる、ということもあるようなのです。

深蒸し茶は飲むばかりではなく料理にも使われている

掛川市のお茶農家さんのお宅などでは、深蒸し茶を飲むのは当然ですが料理にも深蒸し茶を使うようです。

  • 深蒸し茶の茶葉を細かく砕いてご飯に混ぜる『茶葉おにぎり』
  • 深蒸し茶で直接お米を炊く『茶飯』

お米と同時に深蒸し茶を食べることで、体内の血液中のカテキン濃度が上昇し、体に吸収されやすいと言われているようです。

  • 鶏肉にお茶の葉をまぶして揚げる『茶葉唐揚げ』
  • お茶の葉を使った『茶葉天ぷら』
  • 飲み終えた茶殻をお酢で軽く和えた『茶葉のおひたし』

このように、余すことなくふんだんに深蒸し茶を使用して摂取しているようです。

がん予防の効果が倍増する飲み方

家庭でも簡単に出来る深蒸し茶の作り方というものがあります。

掛川市認定の掛川茶マイスターであり、割烹料亭『天金』の『平岩節子』さんという方が作り方を紹介してくださいました。

その飲み方は『水出し』であり、こうする事でがん予防効果が倍増するようです。

  1. 1リットルの水道水を沸騰させ、カルキを飛ばす
  2. 沸騰させた後、およそ3時間冷蔵庫で冷やす
  3. 水1リットルに対し、茶葉約30gを入れる
  4. 冷蔵庫でさらに1時間冷やして完成

がん予防に効果的な理由

水出し深蒸し茶には『エピガロカテキン』という成分が多く含まれているようです。

エピガロカテキンとは防腐性が強く、細菌やウイルスを抑制してがん予防に効果があるということのようです。

ウイルスを抑制、つまりはインフルエンザの予防にもなるというのです!

熱いお湯で入れた場合はカテキンではなくカフェインが抽出され、水出しの場合だとカテキンが抽出される、ということのようです。

カフェインも少ないようで、お子様でも飲みやすいお茶でもあるようですので、どうせお茶を飲む習慣があるのならば積極的に取り入れたい深蒸し茶であると思えますね(^O^)

水出しにうってつけの深蒸し茶が楽天市場にあります!

テレビの影響力でしょうか、通販サイトでも掛川ブランドの深蒸し茶の売り切れがかなり目立つようになってきました(´・ω・`)

一応見つけた深蒸し茶のリンクを貼ってみます。

なぜモーツァルトなのか不明ですが、水出し深蒸し茶を作りやすそうです♪

スポンサーリンク
レクタングル(大)
レクタングル(大)
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをお気軽にどうぞ♪

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です


*