ヒルナンデス!で日比野佐和子先生が紹介した美肌に効くα-EGなる成分とは!?

2018年2月8日放送のヒルナンデス!の元気になりたいンデス!というコーナーで、美人医学博士で話題の日比野佐和子先生がスタジオに登場し、お肌に良い食材や、少しでもお肌が綺麗でいられるための対策などを紹介していました!

日比野佐和子先生、今年で48歳だそうで…

美肌の持ち主の日比野佐和子先生がおっしゃる事なので、ものすごく信憑性が高い、といつも思えます(^o^)

スポンサーリンク
レクタングル(大)

日比野佐和子先生が紹介した美肌を保つ方法とは!?

肌の衰え=加齢に老化、というイメージも強いかもしれませんが、実は老化に伴うお肌の衰えの原因は20%程度ほどなのだそうです。

残りの80%は、『紫外線』なのだそうです(゚∀゚)!

そして紫外線=夏のもの、と思いがちで対策もしっかりしますが、冬の外出時にも紫外線対策が重要なのだそうです。

冬の陽射しは高度が低いところにあり、人体にとっては皮膚の深いところにまで影響が及ぶのだそうです。

一日20分程度ならば問題はあまりないのだそうですが、それ以上になってくる場合は対策をしっかり取りたいところです。。

コラーゲンの減少は加齢に比例して進む

こればかりは加齢にともなって現象していくようです。

20代をすぎると一気にコラーゲンの減少は進み、40歳では20%減少、60歳ではおよそ40%減少してしまう、と言われているようです。

コラーゲンを摂取する方法

一日に必要とされているコラーゲンの量は5gほど。

しかし、食材でコラーゲンを5g摂取するのは案外大変なものです。。

牛すじの場合は約100g、うなぎの蒲焼の場合は約90g、フカヒレの場合は約50g、鶏もも肉の場合はなんと320gも食べなければコラーゲン5gには到達しないのだとか…

そもそもフカヒレて…( ;∀;)

横山さんは鶏もも肉をほぼ毎日食べているのだそうで、さすが美肌の持ち主ですよね(^o^)

日本酒に含まれるα-EGでコラーゲンを効率的に摂取!

コラーゲンを増やすという『α-EG(アルファエチルDグルコシド)』という成分があり、これが日本酒100mlあたり、0.5ml含まれている、と言われています。

α-EGは日本酒が発酵を繰り返す時に生まれる糖質の事であり、その大きさは人体のお肌に浸透するほど極めて小さいのだそうです。

なんと、そのα-EGをお肌に塗るだけで浸透する、というからこれはありがたい!

金沢工業大学の実験データも公開されています

詳細のちほど。

気軽にα-EGを摂取する方法

酒粕、本みりん、料理酒でもα-EGは摂取出来るといいます!

すべて日本酒由来ですしね、、

熱にも強いので、お料理に使ってもしっかりα-EGは残ったままなのだそうです(^o^)

アルコールが苦手な人には甘酒もオススメ

甘酒は酒粕由来のものと麹由来の二種類があり、今回は麹由来のものをオススメされていました。

美肌になれるだろう、と期待されている効果としては、

  • お肌全体のシミ、くすみの改善
  • 目元のクマの改善
  • 髪の毛にハリ、つやをあたえる

コウジ酸と言われる天然由来成分が、あのメラニン色素の酵素の働きを抑えてくれる効果が期待出来、シミやくすみの予防、改善につながるそうです。

ビタミンB2が皮膚の代謝を促し、くま(色素沈着)の予防につながるそうです!

甘酒に含まれるパントテン酸やビオチンという成分が髪の毛を健やかに保ってくれる効果があるのだそうです!

 

美肌キープのために一日に飲む甘酒の量は、コップ1杯程度で充分なのだそうです(^o^)

作るのが面倒!という人は通販などでも気軽に色々な甘酒が買えちゃいます笑

Amazon▶マルコメ プラス糀 米糀からつくった糀甘酒 125ml×18本

飲む時間帯によって効果の出方も変わってくるそうです。

代謝アップなら朝に飲むと良く、美肌効果に期待をしたい場合はやはり夜に飲むのが良いそうです。

1ヶ月くらいで効果が出てくるそうです、決して早く効果を出したいからと言ってガブガブ飲めば良いというものではありません…むしろ糖分とりすぎで糖尿病などのリスクが高まるので、じっくり習慣化していくのが良さそうですね(o・ω・o)

スポンサーリンク
レクタングル(大)
レクタングル(大)
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをお気軽にどうぞ♪

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*