2015年11月6日放送のバイキングのひるたつでアンチエイジングドクターの日比野佐和子さんがクルミで血液をサラサラにする効能を解説!

【2017年1月にはミヤネ屋にもご出演の日比野佐和子先生!】

2017年1月27日放送のミヤネ屋式アンチエイジングに日比野佐和子先生が登場し老眼予防方法や改善トレーニング方法を伝授!
2017年1月27日放送のミヤネ屋の新企画、【ミヤネ式アンチエイジング】では美人すぎる医者で有名な日比野佐和子先生がスタジオにゲスト出演し、...

2015年11月6日放送のバイキングの人気コーナーひるたつに、医療法人再生未来Rサイエンスクリニック広尾院長の日比野佐和子先生が登場しました。

アンチエイジングの達人さんということで、紹介した食材は『クルミ』です。

毎日くるみを摂ることで血液がサラサラになる可能性がある!

ということだそうです(o・ω・o)

ちなみにこの日比野佐和子先生、46歳だそうですが、びっくりするくらいお肌がキレイで、超絶に若々しくて、かわいいお方です((o(´∀`)o))

ハイ男目線すみません…。

スポンサーリンク
レクタングル(大)

くるみで血液をサラサラに!

当てはまるものをチェックしましょう。

  • 肉や脂っこいものを好んで食べ、野菜をあまり食べない
  • ケーキなど甘いものが大好きだ
  • お酒を飲む日が多い
  • 運動はあまりしない方だ
  • 家庭や職場でストレスを感じている
  • タバコを吸っている

この質問で血液の状態がわかるといいます、項目で3つ以上の場合は血液がドロドロである可能性がかなり高いので要注意なのだそうです。

血液がドロドロだと、シミやシワといった肌トラブルや肥満、さらには心筋梗塞や脳梗塞などといった命を脅かす病気にもなりかねません。

そこで今回推奨された食材がくるみです。

クルミに含まれるオメガ3脂肪酸

オメガ3脂肪酸は、今年の流行語ノミネートでもいいのではないかというくらいよく耳にします(o・ω・o)

くるみにもオメガ3脂肪酸が含まれており、血液をサラサラにする効果が期待できるようです。

オメガ3脂肪酸は人間の体の中では作られないので、食べ物から摂取するしかないそうです。

血液中(血管)に悪玉コレステロールがあると血液をドロドロにし、動脈硬化を起こす可能性が出てきます。

オメガ3が血管に流れてくると、この悪玉コレステロールを減らす作用があるそうです。

さらに血液がドロドロになっていると血管に炎症が起きている箇所があるようですが、オメガ3脂肪酸にはこのような血管内の炎症も軽減する働きがあるといいます。

このようにして健康な血管、若返った血管にすべく、クルミでオメガ3脂肪酸を摂取することが効果的なようですヽ(=´▽`=)ノ

血液がサラサラになり血行が良くなることで、

  • 動脈硬化の改善
  • 心筋梗塞・脳梗塞の予防
  • 美肌効果
  • 冷え性予防

個人差はあるものの、血液循環がよくなることで新陳代謝があがり、肌の再生能力もあがり、くすみやシワなどといった肌トラブルが軽減することが期待されます。

冷え性に関しても、原因となる血行不良の改善が期待されるので効果があるようです。

クルミはいいことばかりですね、しかしどこで買えばよいのやら…イオンとかに普通に売っているのでしょうか(´・ω・`)笑

クルミのダイエット効果

オメガ3脂肪酸が体の中の中性脂肪を減らすのでダイエット効果が期待できるようです。

また、血糖値を下げる効果もあるので糖尿病の予防にも期待出来るようです。

しかし!クルミは高カロリーであり、油でもあるので、食べ過ぎは逆効果だということです。

くるみの摂取量の目安は1日約28g(片手分程度)だそうです。

ちなみに同じ量のオメガ3脂肪酸をマグロで摂取したい場合は、お刺身の状態で500gに相当するそうです、オメガ3は酸化に弱いので、加熱した魚だともっと多く食べなければならないそうなので、いかにクルミがオメガ3脂肪酸含有量が多いにかということが明白なようです。

膵臓ガンの予防にもなる論文もある

ハーバード大学医学部の研究報告だそうです。

女性の方が週に2回、片手分程度のクルミを食べたことで膵臓ガンの発症リスクが低下したという研究結果が出たそうです。

膵臓ガンといえば日本国の女性のガン死亡率4位とかだったハズなので、女性は特に参考になりそうな感じもします。

クルミを使った料理レシピ

どうやってクルミを摂取すればいいものか…そんな悩みも解決!?

くるみ生産量日本一は長野県、長寿の県でもあるそうです。

長野県のアンテナショップ『銀座NAGANO』では、秋にかけてクルミの売り上げも伸びるそうです。

こちらのアンテナショップの支配人さんがくるみ料理のオススメを教えてくださいました。

また、日比野佐和子先生ご自身も実践している朝ごはんのクルミレシピも登場しました!

くるみそば

砕いたくるみをつゆに入れて、そのまま食べる!というシンプルなものです。

そばのコシとくるみの食感が絶妙にマッチし、くるみの味をダイレクトに味わえて美味しいようです!

くるみ味噌

くるみ100g、味噌大さじ2、砂糖大さじ2、みりん大さじ2、塩適量(2人分)

煮詰めていって、煮立ったところにくるみを入れてひと煮立ちさせて完成!

このくるみ味噌は長野県の名物である五平餅に塗られていたり、また白ご飯のお供にも重宝するようです。

生野菜などにつけて食べても美味しいそうですし、くるみ味噌は長期保存も可能なので作り置きもOKなのだそうです♪

日比野佐和子先生オススメ!くるみバナナヨーグルト

朝ごはんとしてパーフェクトな食べ合わせだと推薦されておりました!

ヨーグルトには腸内環境をよくする善玉菌として乳酸菌が含まれています。

そしてバナナにはオリゴ糖と食物繊維といった、乳酸菌が活性化する、いわばエサとなる要素が含まれているそうです。

このようにして腸内環境を整え血行をよくする効果があり、これを朝に摂取するのが効果的なのだそうです。

これだけでも充分よさ気ですが、さらにくるみを同時に摂取することでオメガ3脂肪酸も加わるのでもっと良いとのことでしたヽ(=´▽`=)ノ

スポンサーリンク
レクタングル(大)
レクタングル(大)
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをお気軽にどうぞ♪

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です


*