ノンストップに野菜ソムリエのKAORUさんが出演!野菜の見分け方や保存グッズなどをご紹介

今では5万人が野菜ソムリエ!

そんな中でも野菜ソムリエ取得第一号という、KAORUさんという方が2015年9月29日放送のノンストップに登場しました(o・ω・o)

野菜の見分け方や、野菜の保存方法、便利グッズをご紹介でした。

猛暑と豪雨でキャベツなどを筆頭に野菜の高騰が続いている2015年です、せめて、鮮度を保ったまま保管したいものですね(´・ω・`)

スポンサーリンク
レクタングル(大)

甘いじゃがいもの見分け方

ずばり、まんまるとしたものより、ゴツゴツしたものを選ぶ!

じゃがいもの種類にもよるので一概には言えないそうですが、ゴツゴツしたもののほうが甘みが強い可能性が高いのだそうです。

ゴツゴツ、ボコボコしたもの=芽を出そうとしている証拠であり、芽を出そうとしている状態のじゃがいもはデンプンが多く、デンプンが多い=加熱時に糖化する、つまり、甘みが強いだろう!ということなのだそうですよ!

ただし、じゃがいもの芽は毒性を含んでいます(ソラニンやチャコニンですね)。

絶対食べないようにしたいものです(´・ω・`)

苦くないピーマンの見分け方

これは、ヘタの部分をみます。

限りなく円形に近いヘタのものが良いのだそうです!

と言っても完全な円形のヘタというものはおそらくありません、つまり、角の数をみます。

五角形よりも六角形のほうが円形に近い、という事になりますよね?

ですので、五角形と六角形のヘタのピーマンがあるならば、六角形のほうを選ぶべきだそうです。

角の数=花びらの数と比例しており、花びらが多い=栄養をたくさん吸収した証拠、つまり甘みが強い可能性が高いのだそうで、こうなると苦味を感じにくくなるのではないでしょうか(´・ω・`)

ピーマン苦いからイヤ!という人は、買う時にはヘタを見てみましょう!

ニンジンの見分け方

こちらもやはりヘタ、とは言いませんねこれは…頭部ですね(´・ω・`)

葉っぱは切って売られているのが通常ですので、その切り口を見ます。

切り口の直径が短いものを選びましょう。

といっても、ほとんどのニンジンが頭部の切り口の直径が短いとは思いますが…

切り口の直径はニンジンの芯の部分と同じ直径です。

芯だらけのニンジンはイヤですよね…?

しっかり身が詰まったニンジンを選びたいものです。

野菜の保存グッズ

FOOD HUGGERというシリコン製のグッズで、ラップよりも密着度が高いので鮮度がたもてるのだそうです!

画像ではトマトなどが出てきていますが、ノンストップではたまねぎをすっぽり包んでいましたよ(o・ω・o)

FOOD HUGGERは野菜の水分の蒸発を防いだり、酸化を防ぐ事ができるので、よりおいしい状態で野菜を保存する事ができるそうです♪

Amazon

フードハガーズ 4種セットSet of Four Food Huggers

楽天 使いきれない食材をピッタリ保護して鮮度キープ!ラップの代わりに使い捨てないエコグッズ!FOOD HUGGERS
スポンサーリンク
レクタングル(大)
レクタングル(大)
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをお気軽にどうぞ♪

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です


*