オペラのリップティント(ティントオイルルージュ)が今また人気!限定色も2018年には登場しています!

2018年5月10日のヒルナンデス!でもくみっきーさんが愛用していると語っていたことから、今またオペラのティントオイルルージュ、リップティントが注目をやや集めている様子です。

スポンサーリンク
レクタングル(大)

オペラのリップティントの特徴

リップは『唇』という英語であり、ティントとは、『染める』という意味合いの英語になります。

グロスや口紅との決定的な違いがこの『染める=ティント』という部分にある、それがリップティントの最大の特徴であろうと言えます。

もっと専門的に言うと、唇の角質層に染まりこむ、という作用である、ということです。。

手軽につかえて、しかも手軽に落とせる事から扱いやすくもあり、その人が持つ唇の水分量に反応して色づきますので、まるでその人本来の血色の良い唇であるかのような効果が期待出来る、といったところです。

オペラのリップティントは6種類ある

2018年5月11日現在確認しましたところ、基本的には01~06までの6色展開となっているようです。

  • 01:RED
  • 02:PINK
  • 03:APRICOT
  • 04:ORANGE
  • 05:CORAL PINK
  • 06:PINK RED

以上になります。

しかし!

実は限定色という枠も用意されていることを発見しました。

限定色は本家のオペラ以外でもイミュでの取り扱いがあります(Amazonさんをお借りします)。

07:ピンクフレイズ

フレイズ、つまり『苺』ですね、2018年1月に限定で登場するや否や即完売してしまった『幻の07番』なのだそうです。

Amazon▶【オペラ(OPERA)】ティントオイルルージュ バレンタイン 限定色 07 ピンクフレイズ

08:バーガンディキス

要するに『バーガンディ』ですね!

かなり大人っぽく仕上がりそうです(〃ω〃)

Amazon▶【オペラ(OPERA)】ティントオイルルージュ バレンタイン 限定色 08 バーガンディキス

09:サクラペタル

言うことなしの『桜』の季節である3月に限定色として発売されました。

Amazon▶【オペラ(OPERA)】ティントオイルルージュ 限定色 09 サクラペタル

10:プラムピンク

赤みも感じるシックなピンク、といった仕上がり。

桜というよりは梅な色合いで、かと言って赤過ぎず、上品な色づきが期待できそうです(^o^)

Amazon▶【オペラ(OPERA)】ティントオイルルージュ 限定色 10 プラムピンク

ケースに名前を入れてオリジナルのリップティントも作れる!

自分で持つのも良しですし、ご家族やご友人へのプレゼントにもうってつけかなと思えます(^o^)

  • ワンポイント刻印イニシャル、あるいは星座マーク(950円)
  • 名前入れ刻印(950円)
  • 上2つをすべて刻印するバージョン(1,780円)

ただし、フルネームはさすがに文字数が多すぎるので、よほどの短めのフルネームな方でない限り、不可能となるようです。。

雑貨マニアMarzという楽天市場のお店で取り扱いがあります、もちろん、ネーム入れないバージョンの通常販売も行っています。

 

スポンサーリンク
レクタングル(大)
レクタングル(大)
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをお気軽にどうぞ♪

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です


*