2017年3月10日放送のバズリズムで小沢健二さんとバカリズムさんの対談が実現!知的すぎるトーク内容をまとめます!

2017年3月10日放送のバズリズムでは、日本での音楽活動を本格的に再開させた話題の小沢健二さんがゲスト。

ゲストと言っても、通常放送のようなスタジオでのトークではなく、バカリズムさんが出張するという形式で収録は行われていました。

バカリズムさん、小沢健二さんの大ファンであることを公言なさってますね(^o^)

どちらも非常に知的な方なので、その知的な方同士が絡み合うトーク内容は知的好奇心くすぐられまくりでしたので、急遽番組を見ながらそのトーク内容をまとめてみますφ(..)

スポンサーリンク
レクタングル(大)

小沢健二さんとバカリズムさんの対談内容

羽田空港内のエアターミナルグリルキハチ、というオシャレなお店でロケが行われていました(o・ω・o)

サンタクロース並に、「実現しないんじゃないか!?」とバカリズムさんは小沢健二さんの事を特別視しているようでしたが、しっかり小沢健二さんがご登場!笑

93年から98年まで日本で音楽活動をした後に、アメリカでの音楽活動へと移行した小沢健二さんです。

バカリズムさんの小沢健二さんとの出会い

バカリズムさんが専門学生時代に、友人の女性から『LIFE』というアルバムを借りて、そこで気に入ってそのまま借りパクしたことが小沢健二さんのファンになるキッカケなのだと明かしました。

それ以後、バカリズムさんが交際する人は皆小沢健二さんのファンだったのだとか…笑

小沢健二さんが日本での活動を休止した理由

率直に言うと、音楽業界についていくほどの才能が自分にはない、という思いだったようです。

「オザケンはこういう感じでし?」と、自らのスタイルを容易にマネされ、自分が食われていく、消費されていく、という恐怖感があったようです。

とは言え、日本での音楽活動をしていた瞬間瞬間はすごく良かった、と今になっては思えるのだそうです。

小沢健二さんが羽田空港をロケ地に選んだ理由

帰る時の気持ちよさ、皆の暮らしが見え、友達がいて…という、御自身が好きな瞬間であるとのことでした。

ここから話は小沢健二さんの日本の習慣などについて思うことについて話は広がっていきました。

過去20年の95%は日本にいなかったという小沢健二さん、知らない事がいっぱいだそうです。

日本のメディアにも触れていないそうで、日本に帰って来て友達がポロっと発する言葉に「なにそれ!?」と思い、すごく面白いと感じることが多いようです。

その代表例が、「てへぺろ」という単語なのだとか!

(・ω<)←こんな感じのね笑

食文化についても触れておられて、アメリカだとキッズミールと言えば「しなびたパスタ、しなびたリンゴ、牛乳」といった感じなのに対し、日本だと「お子様ランチ」である、というご指摘。

お子様が日本に来た時にもとても喜ぶのだそうです!

お子様ランチを考えた日本人、天才ですよね…。

バカリズムさんも独自の視点を披露しました。

それは、トイレのレバーについてです。

大と小のレバーが日本では何年もつかわれていますが、本来、水の量を意味すれば充分なのにもかかわらず、「大と小」と、人間が出したモノのスケールで表すという下品な感じは一体何事なのか!というご指摘でした、さすがバカリズムさん!としみじみ思ってしまいました…。

たしかに、多と少でいいですよねレバー…TOTOさんとかINAXさん、改善するでしょうか!?笑

また、「トイレをいつもキレイにしていただきありがとうございます」などという張り紙も日本のトイレではしばしばみかけますが、これを押し付けである、とご指摘。

アメリカではこのような押し付けは「Passive aggressive(パッシブアグレッシブ)」というのだそうで、つまりは静かに攻撃的、という意味合いだそうです。

このパッシブアグレッシブを日本はとても得意としている、と小沢健二さんがしめくくりました、んー知的ですね(o・ω・o)

小沢健二さんとバカリズムさんの雑談

バカリズムさんが、「人は必ず空を飛びたいと一度は思ったことがある。人間は想像出来ることは可能にすることができるというけど、はじめて飛行機に乗った時に『そういう事じゃねえんだよな』と思った」と話題を提供しました。

これには小沢健二さんの息子さんもまさに同じ感覚を持っていて、飛んでるけどこういうことじゃない、と思っているようです笑

弾き語りリクエストも!

『いちょう並木のセレナーデ』というLIFEというアルバムにも収録されている楽曲をバカリズムさんがリクエストし、小沢健二さんが弾き語りを披露!

小沢健二さん御自身も大変好きな曲なのだそうです(^o^)

関係ないのですが、ちょうど3年前、笑っていいとも!が終了する最後の最後の頃、番宣なども関係なくテレフォンショッキングにゲストが出演する最後の一週間に小沢健二さんが出演し、『ぼくらが旅に出る理由』を弾き語りしていたなーそういえば…印象的でしたね(´・ω・`)

ということで今後も小沢健二さんの活動に注目しましょう!

スポンサーリンク
レクタングル(大)
レクタングル(大)
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをお気軽にどうぞ♪

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です


*