SIMフリー端末であるHUAWEI P8liteはDMMmobileや楽天モバイルで契約可能!

2015年6月中旬頃より登場した”HUAWEI P8lite”
ファーウェイ製といえば、個人的には今ではSIMフリールーターとして名高い”GP02”を思い出します、SIMフリールーターとして名高い(?)GP02です。

P8liteには魅力があまりにもたくさん詰まっている。
Zenfone5が現行型SIMフリー端末で最高!とか個人的に思っていたけど、2015年の初夏、P8liteになかなかの衝撃を受けましたので記事にしたくなりました!

とはいえ、ファーウェイ社の公式サイトを見たほうが詳細なスペックがわかりますね…
ここでは個人的な感想っぽいものをいくつか書いていきます。

ちなみにP8liteを取り扱っている会社はいくつかあり、すでに過去記事でいくつか紹介したことがあります。

DMMモバイルと楽天モバイルのSIMフリー、個人的にはDMMモバイル推し
連日”SIMフリースマホ”関連の記事を書いている。 なかば、勉強しながら自分のためにも書いている。 非常に選択肢の多いSIMフリーの世界...

すでにSIMフリーを契約をどこかの会社でしていれば、P8liteを保有しているなどの場合にも動作可能だろうと思います。

それでは僕なりに特にグッときたポイントをいくつか、熱く語ってみたいと思います(´・ω・`)笑

  • Android5.0である
  • 画面が5インチと慣れ親しんだサイズで調度良い
  • SIMフリー端末にしてはカメラ画素数が良い
  • オクタコアである

この4点が一気に心奪われる事となりました。

Android5.0、CMでもやっていますね。
わりとミーハーなので、せっかくならAndroid5.0というのを体験してみたい!
そんな事も思ってしまいます。
今所有しているスマホはAndroid2.3ですのでね…
非対応アプリもわんさかです(ツムツムとか、最近ではライプレさえも不可能)。

画面サイズ、5インチで個人的にはちょうどいい感じがします。
画面サイズが大きいと見た目も、持ち心地も、操作感もあまり得意ではありません…。
フルHDではなものの、スマホにそこまでの高画質はいらないかな、とも思えますので1280×720ドットのHD画質、これでOKという感じがします。

ちなみに外観の事もいくつか。
P8liteは真四角なデザインで、ちょっとiPhoneを思わすような感じだなぁと思えて、とてもスタイリッシュでかっこいい印象です。
おそらくですが、iPhoneよりも端末の厚みは薄そうな印象。
角がまんまるとしたデザインが好きという人には悩ましいのかもしれない、まぁこれは好みの問題でしょうか…。

カメラ画素数は1300万画素数、インカメ(サブカメ?)で500万画素。
これもスマホのカメラとしては充分過ぎると思えますね。

オクタコアですって…
クアッドコアでもなんじゃそりゃ、って思えるのに、8個です。
正直、未知の世界なのですが、ミーハーなのでオクタの世界を味わってみたい!という思いがでてきます笑

結論:3万円以内で契約できるSIMフリー端末としては現行では最高スペック!と断言したくもなります。

メモリが、ROM:16GB、RAM:2GB。
ROM:32GB、RAM:3GBなんていうスペックもわりと当たり前になりつつある現在なので、ちょっと物足りない。
まぁアプリの詰め込みすぎに注意すれば問題はないか…。

バッテリーが2000mAhなのでちょっと物足りない気がする!
これも、外付けバッテリーなどで対策を練る必要があるのでしょうかね(´・ω・`)

インフォメーション
DMMmobile
【楽天モバイル】

P8lite、いかがでしたか?

1ミリくらいはP8liteの魅力、届きましたかね(´・ω・`)

Zenfone2などの注目端末も登場しています、個人的にやはり気になります。
が、今回はP8liteに特化した記事を書きました、これにておしまい!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをお気軽にどうぞ♪

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です


*