ブログはカテゴリー設定が大切!?|SEOのお話

さあ、そして2記事目。
15時24分です。
先ほどの1000文字一歩手前のブログ、13分弱で書き終えたんだなあ、と今知りました。
直感で、起承転結もなにも考えずに、あるいはタイプミスさえも正しい日本語表現さえも気にせず、喋るような感じで打ち込むと1000文字程度だったら、あっと言う間に記事を作成できるのだな、という事を今学んだ気がします。
専門知識系の記事作成だと、小一時間かかる事なんてしばしばだろうなと思います…。
それが誰の目にもふれないでネットのブラックホールに渦巻かれ…と思うと、落ち込みますねそれなりに(´・ω・`)

1記事目の最後に書いた通り、ちょっとしたメモ書き感覚の事を書きます。
実験、というほどでもないし、知識としてもどーって事ない事かもしれないし、誤りかもしれませんが…

結論からいうと、記事作成の際にはカテゴリーをしっかり作ったほうが良いのではないか!?という事です。
僕はいくつか独自ドメインを取得し、サイト(WordPressブログ)の運営をしています。
(…自分の一人称にすら迷ってしまうな、と今ふと思いました、、余談そのものですが)

たとえば、「”あいうえお”がオススメ!」というサイトがあります。
その中で、”あいうえお”に関する記事を20~30程度投入したとします。
別ドメインで運営しているサイトに、「”かきくけこ”がオススメ!」というサイトもあります。
そこでは当然、”かきくけこ”に関する事柄の記事を投入しているのですが、ちょっと横道にそれようということで、「”あいうえお”」をカテゴリー名にして、数記事書きました。
ややこしいですかね。。

そして、1ヶ月程度してから、「あいうえお」で検索をかけると、なんと!
「あいうえおがオススメ!」というブログタイトルのほうではなく、「かきくけこがオススメ!」というほうのブログタイトルのものが検索エンジンでは上位に来ていたのです!(と言っても20位程度でしたが…)

あいうえおというキーワードの登場回数は当然、あいうえおがオススメ!のブログのほうが圧倒的に多いのに、なぜだ!?と思いました。
ちなみに、被リンクはしてませんどちらのブログも。
インデックスはどちらのブログもされていますし、サイトマップ送信やらパンくずリストなどなど、内部SEOはヘタなりに施しています、というかSIMPLICITYというテーマで簡単に実装されている状況です。

この結果になる前から、カテゴリーページがしばしば検索エンジンにインデックスされるなぁ…とは思ったりはしていました。
Seesaaブログなどでも感じていました数年前から。
やはり、タグやカテゴリーって大事なんだろうな、としみじみ思いましたので、今後、ちょっと色々してみようかなと思いました。
ただ、あまりにもかけ離れたカテゴリーにしたり、あまりにもサイトタイトルと無関係な記事(キーワード)を投入するのは控えようかな、とも思いました。

と、上記まで1167文字でしたが、14分で書き上げられました。
なかなか順調に2記事目をこれにて終えます!

スポンサーリンク
レクタングル(大)
レクタングル(大)
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク
レクタングル(大)

コメントをお気軽にどうぞ♪

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です


*