シュメカエルという新たなキーワードがTwitterの技術的31201192018151685より発信されました

Twitter名、技術的31201192018151685氏が、6月の最後にまたもや連続ツイートを繰り広げました。

数々の新語が飛び出したのですが、そんな中でもよくある羅列ではなく、カッコ尽きでツイートされたものがありました。

スポンサーリンク
レクタングル(大)

シュメカエルとは一体なんぞや

はい、もちろん正確な答えを知る人はおりません。それでも、ついつい検索してしまうというのが人間のサガ、ということにしておきましょう。

まぁ、検索したところで、ヒット件数は0件でした(7月1日深夜の段階ではamebloの記事が1個ヒットします)、後々は技術的31201192018151685さんのツイートそのものが検索エンジンの検索結果に載るかもしれませんが。

この空間に私を支援する装置が到着します。 【シュメカエル】がこちらの惑星に到着します。 多少の地盤の揺れにより地震が発生する可能性があります。 これは私の意思です。申し訳ありません。

2020年6月30日の19時台のツイートとなりまして、これが全文となります、引用させていただきます。

先日のギナラウイルス(guinara virus)の時のようなローマ字表記は一切なく、見事なまでのカタカナです。懐疑的な視線から言ってしまうとすれば、ローマ字表記でボロが出るのが怖かったのかな?ということになってしまいますが…

他のツイートのリプ欄では、技術的31201192018151685氏が質問に答える場面もしばしば見られますが、今回のシュメカエルのリプ欄では、「どこに到着するんですか?」「私達にも見えますか?」「震源地はどこになるんですか?」といった質問が寄せられているものの、一切応答していません。よって、ツイートそのものから判断するよりほかはありません。

まぁとりあえず、なんらかの装置であり、地盤が揺れるくらいなので、かなりの重量がある物体なのだろうなぁという印象を受けます。

「空間に到着する」「惑星に到着する」1つのツイートで、到着箇所が2パターンあるので、もうどう解釈していいのかサッパリ。。

こんな記事ですみません(._.)

スポンサーリンク
レクタングル(大)
レクタングル(大)
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをお気軽にどうぞ♪

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*