2016年8月29日放送のSMAP×SMAPで世界に一つだけの花についてタイムリーだといういじりがありました

SMAPが正式に解散をしてから初めての収録となったSMAP×SMAP(スマップスマップ)が2016年8月29日放送になりました。

ビストロスマップではベイカー茉秋選手がゲスト出演し、様々な質問に答えていきました。

そんな流れのなかで、「初めて買ったCD」という設問があり、SMAPメンバーが回答することに。

まぁ正解は『世界に一つだけの花』なのですが、その時の流れが『SMAP解散』をメンバー自身がいじる、触れるという内容だったので反響もものすごいことになっています(o・ω・o)

スポンサーリンク
レクタングル(大)

世界に一つだけの花がタイムリーという中居くんの発言

ベイカー茉秋選手が「男性アーティストです」と言うと、まずは「コブクロ」という回答が飛び出しました。

その直後にです、中居君が「今タイムリー」という発言をしたのです。

するとすかさず木村拓哉さんが「SMAP」と続けて発言しました。

そして香取慎吾さんが「世界に一つだけの花」と答えて、中居君が「ベタだけどね、正解!」という流れだったのです。

これは、直接的にSMAPが解散することになった、なってしまった、という社会現象をSMAP自身が明るく(?)いじっている、ととらえて良いのでしょうか…

ちなみにベイカー茉秋選手は94年生まれということで、世界に一つだけの花のCDリリース時はまだ8歳程度だったことから、自分ではCDは買いに行かず、お母様に「(欲しいから)買っといて!」と頼んで買ってきてもらい、人生で初めて買ったCDとなったそうです。

通常のSMAP×SMAPだった

うがった見方さえしなければ、通常通りのスマスマだったような印象でした。

稲垣吾郎さんが握力を計測したり、「おいしいー!」の時の香取慎吾さんも今まで通り変装しご登場(ベイカー茉秋選手のおばあさまである『小林リナ』さんに変装)したり、なんだか本当にSMAPが解散してしまうのか、スマスマが終了してしまうのか…?と不思議な気分になってしまいました。

「金の卵乗せ」というメニューの時には「下ネタですか?」と言ってみたり、ベイカー茉秋選手が試食する時に「イタタタ…」とその下ネタを引っ張り続けたり、とにかく心に余裕があるのかな?というプロ精神を感じましたヽ(=´▽`=)ノ

SMAP解散しなければいいのにね…やっぱ大事ですよねSMAPの存在。

スポンサーリンク
レクタングル(大)
レクタングル(大)
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをお気軽にどうぞ♪

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です


*