SmaSTATION!!(スマステーション)で秋の最新アイデア文房具ベスト17が放送になりました

新相棒の反町隆史さんをゲストに迎え、2015年10月10日放送のスマステーションで文房具の特集がされました。

スマステで人気企画のひとつですよねこちらは(o・ω・o)

【あなたの常識がきっと変わる!秋の最新アイデア文房具ベスト17】

17もあるのか…こりゃ大変…

頑張ってまとめてみます(´・ω・`)!

スポンサーリンク
レクタングル(大)

まずはpopitが紹介されました

「本の大事な箇所に目印をつけたい」

けど、お気に入りの本だったり、借りている本だったりして蛍光ペンで書き込むにはちょっと抵抗が…

ふせんを貼ってもいいんだけど、そうしたら文字が隠れちゃう…

そんな時は、本を開くとぴょんっと飛び出て目立つヤツ

それがpopit(ポピット)です、410円!

起き上がって立体的に見えるふせんです。

紙の上にピンを立てたかのような使い心地です。

絶妙な傾斜がついており、開くと起き上がり、閉じるとちゃんと平らになるというすぐれものです。

デザインのバリエーションも豊富(今のところ全8種類)で、矢印やピン、そして人型まであります、グーグルマップみたいです!笑

2015年10月10日発売されたばかりの新商品だそうです。

zitte&(ジッテアンド):345円(サンスター文具)

手紙や案内状などを書く際に、テープでとめると開けるのが意外に大変ですね…

かといって、のりだと開封時に破れてしまうこともあります(ヽ´ω`)

そこで、zitte&です!

様々な物をかわいくデコれると話題のテープなのですが、普通のテープとは大きく違うところが!

それは、ジッパーのように封を開けられるテープだということです!

リッツとかをピリピリッ!って開けるときのようなアレです!笑

テープに沿って2本のミシン目が施されており、簡単に開封可能、しかも!

開封したそのテープの裏面には隠しメッセージ的(I LOVE YOUとか!)なものもあるので貰う側はさらに嬉しくなっちゃいそうです((o(´∀`)o))

商品名の『&』の意味がこれでわかりますね、ただのジッパーじゃないんだよ!って事ですね~

2015年の11月下旬発売の予定だそうです、時期的にも覚えておきたいですね!

Equil SmartMarker:102,600円(アイタス・ジャパン)

会議中のメモに便利で役立ち続けているのがホワイトボードですね。

そして、そのホワイトボードの内容を社員さまたちはメモした内容を記録する作業があると思いますが…面倒ですよね~(ヽ´ω`)

文字ばかりではなく、図やイラストも記録、となると更に大変!

そんな時には、Equil SmartMarker(エクイルスマートマーカー)

会議のメモをリアルタイムでみんなに配信!

というグッズ、というかオフィス商品なのかしら…!?

楽天で取り扱ってました⇒

2015年の1月にアメリカで発売され、今や世界中で4億円以上の売り上げを誇っているのだそうです…

Equil SmartMarker(エクイルスマートマーカー)の使い方

  • スマートマーカーの受信機をホワイトボードの端っこに取り付ける
  • スマホやタブレットで専用のアプリを立ち上げる
  • いつも使っているマーカーをスマートマーカー専用のペンケースに挿入

そして通常どおり、ホワイトボードにメモをしていくと…

そっくりそのままスマホやタブレット端末に転送されていきます、リアルタイムに!

近未来的だし、現代のスマホやタブレット時代にはこういうアイテムがあってしかるべき…というすぐれもので感動すら覚えました! 

Equil SmartMarker(エクイルスマートマーカー)の機能など

超音波と赤外線を発し、それらを3点の位置関係で分け、受信機で正確にペンの動きを認識してゆく、というような仕組みだそうです(´・ω・`)

最大10端末まで同時に配信できるのでそこも便利です。

また、2万枚分の記録データを保管できる機能も搭載されており、以前の会議記録なども保管や呼び出し、仕分けなどが可能です♪

手書き文字をワープロ文字にテキスト変換する機能などもあります。

書くだけではなく、専用のイレーザーでホワイトボードの文字を消していくと、端末に配信されている文字なんかも消えます。

端末側では、自分で手書きで文字を付け足したり、という事も可能です…

キリがないくらい多機能であり、個人所有ではなく会社での所有には10万円程度ですしそりゃ売れるわけだ…と、納得するばかりでした(´・ω・`)

商品3つ書いただけで1800文字…

続けます(´・ω・`)

magnetic NOTES(マグネティックノート):Sサイズ626円(ウィンテック)

ふせんは実に色々なものがありますね…

のりがない?それなのにくっつく!?というふせんが登場しました。

ふせんの裏面がツルツルなのです。

しかし貼りたいところに貼れちゃうのはなぜだ!?

独自の特許技術による特殊なフィルム、というのが答えのようです…

正確にはこちらの商品、magnetic、のあとにTM、と書いてありますねたしかに…

2015年10月9日に発売されたばかりなのだそうですよ(゚д゚)!

わかりやすく言うと、静電気を利用しているという事だそうです!

静電気が完全になくならない限りは貼り直しが可能ですし、通常のふせんのようにボールペンで書くことも可能です。

とにかく乾いた面ですと、どんなところにも貼れちゃいます、たとえコルクボードにでも、です!コルクボードなのに画鋲がいらないのですよ…

また、裏面も表面もどちらも書けるし、どちらも貼り付ける事ができるという特徴も持っています(白い面はホワイトボードマーカーで消す事も可能)。

magnetic NOTESの真骨頂と思える使い方

それは、両面テープ代わりにもなるという事です!

禁煙!などというポスターなどを貼りたい時、直接貼るのではなく、まずmagnetic NOTESを貼り、その上にポスターなどを貼る事ができるのです…!

両面静電気状態という感じです!説明が微妙で申し訳ございません…

水拭きで消せるマッキー

50万本のメガヒット!一拭きで消せる画期的ペン

お子様を持つママ向けな感じに紹介されたこちらのペン。

これまでのマッキーは油性で、イタズラでどこかに書いちゃうと消すのに一苦労。。

しかし、そんな古来からのお悩みを解決するようです!

太字各194円、もちろんゼブラから登場の水拭きで消せるマッキー。

使い方

ガラスやプラスチックのツルツルした面に書き、2~3分乾かします。

するとこれまでの油性ペンと同じように、指で触っても消えません。

しかし!水で濡らしたタオルなどでこすると、、簡単に消えてしまうのです!

お薬ケースに書くもよし、冷蔵庫やドアノブや窓ガラスにも書いても良いのですよ!笑

なぜ水で消える?

こちらも、ゼブラさん独自の開発による特殊インクによるものだそうです、長年研究なさっている立派な企業です…すごい!

これまでの油性ペンには固着剤と呼ばれる、書いたあとにインクを定着させるための樹脂が含まれているのだそうです。

今回、この固着剤の代わりにインクに水のりを加えて固定させているのだそうです。

水のりですからね、そりゃ水拭きで落ちますよね!納得です(o・ω・o)

まとめ買いも可能ですし、単品も売っています、売り切れもすでに見受けられますが!さすが!

コンパクトパンチ:1,620円(LITHT LAB.)

手のひらサイズの四角いパンチ。

2015年の10月2日に発売されたこのコンパクトパンチ。

見た目がまずかわいいです!

商品名の通りコンパクトですし、真四角になるのです。

使わない時には折りたためるので、引き出しにも簡単にしまうことができます、ペンケースにも入るかもです!

使う時は、ワンプッシュでシュタっ!とパンチに変身!笑

もちろん、ダストカバーも付いているので穴を開けた紙クズが散らかる事もありませんヽ(=´▽`=)ノ

カラーバリエーションもなかなか豊富で、個人的にはニンテンドーDSを思い浮かべました笑

ハリナックスプレス:1,188円(コクヨ)

以前スマステでも登場したハリナックス、ハリを使わず穴を開け、折り返しをつける事で紙をまとめるすぐれものでした。

シリーズ累計は700万個というおそるべき売り上げでしたが…今回は更なる進化を遂げて登場です!

もはや穴すら開かない新時代のホチキス、だそうです!

コクヨさん独自開発のプレス機構がなせる技だということです。

波型の金属歯で約200kgもの圧力をかけ、プレス!

紙同士がこれによりギザギザ同士?になり、圧着されますので、ハリも穴もないのです!

年金通知とかのノリのないハガキもすさまじい圧着なんですよねたしか(´・ω・`)

んじゃ、外したい時は?というとこれも簡単で、ハリナックスプレスの底面でギザギザの圧着部分をこするだけ!

針を使わない事で、そこの部分がかさばるということもないのでオフィスでは大量の書類を整理する際には山崩れ現象を起こさずに管理出来そうですね(o・ω・o)

きらりプチデコラッシュ:216円(プラス)

修正マーカー感覚でデコれちゃうあのデコラッシュの最新作!

さらにかわいく、さらに便利にデコ革命とのことです!

進化ポイントの最大の特徴は、きらりと光る華やかな柄です、パンダちゃんとかね!笑

光沢のあるインクを使用しているので、従来品よりもより一層きらびやかさが増しているようです♪

プチデコラッシュの特徴

  • 曲線が引ける
  • 専用消しゴムで間違った箇所を消せる
  • ライン状のみならず、スタンプとしても使用可能!

手帳はなんだかんだで皆様まだまだ使っている世の中ですし、せっかくならかわいく楽しく使いたいですよね♪

『OK!』や、『HAPPY』などのメッセージ性のあるものも取り扱われています。

全14種類もあるようですヽ(=´▽`=)ノ

Pat-mi2016:5,400円(コクヨ)

銀座・伊東屋という老舗文房具店(創業111年)で、今の時期最も人気のある文房具はなにか?という特集。

やはり手帳が人気だそうです、時期的にそうなってきますよねたしかに…

必要な分だけ持ち運び&パッと見て予定が分かる手帳、それがPat-mi(パットミー)です!

進化ポイントは、中身が取り外し可能であるということ。

12ヶ月分が1ヶ月ごとに切り離されており、必要な月の分だけを挟んで持ち運び可能。

さらに、1時間ごとに細かいスケジュール管理を書き込める欄もあります。

まぁなんつーか多機能…通販サイトを見たところ、売り切れでしたどれもこれも…

忙しいビジネスマン必携とも言える商品なようです。

ミニプランナー:572円(リド)

特徴としては、手帳の中身が伸びます、蛇腹状にです!過去帖みたいに伸びますよ!笑

ドイツのリド社で誕生したこののび~る手帳、世界的にも大人気だそうです(o・ω・o)

ページが蛇腹式であり、表面で半年先までのスケージュール、裏面では15ヶ月先のスケージュールを確認できるというものです。

縦軸が日付、横軸が時間、という構図になっており、一ヶ月分のスケージュールを細かく書き込む事が可能です。

蛇腹状ゆえに、薄さは約3.5mmであり、携帯にも便利ですねヽ(=´▽`=)ノ

ジブン手帳2016:4,104円(コクヨ)

スケージュール管理だけじゃない、一生使えるアイデア手帳がこちら。

特徴としては、3冊に分かれる冊子で構成されているという点。

そのタイトルは『LIFE』『2016』『IDEA』。

ダイアリー冊子

24時間管理が可能なだけではなく、その日の気分やその日の天気、その日の食事メニューなんかも書き込める欄があります。

人との約束をしっかり守るための『プロミスリスト』という欄もあります。

IDEA冊子(CamiAppアプリとの連携も)

いわば、メモ帳、自由帳といった感じです。

ミリ単位のマス目のページに、なんでも自由に書き込みが可能です。

個人的にはメモページの多い手帳が大好きなので関心しました(o・ω・o)

単なるメモ帳ではなく、アプリとの連携によりデータ化できるというのも大きな特徴です!

スキャナーいらずの世の中が近づいているのでしょうか…すごい。

スポンサーリンク
レクタングル(大)
レクタングル(大)
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをお気軽にどうぞ♪

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です


*