SONYのBRAVIAから発売されている有機ELテレビについて

2年ぶりくらいに、SONY(ソニー)のBRAVIA(ブラビア)の記事が書きたくなったので書きます…当方、完全なるド素人であり、オーディオ&ビジュアルに関する知識など、一般レベルか、下手すりゃそれ以下かもしれません(._.)

6月、7月となりますと、SONYのBRAVIAシリーズからは毎年、新しいバージョンの液晶テレビだったり、昨今ですと有機ELのテレビが発売されます。2019年も例年通り、『G』とつくシリーズのテレビが、微妙に進化した形で2018年の『F』シリーズの後継モデルと思えるような内容のラインナップで展開されています。

有機ELのテレビはそんなには種類がなく、比較するのもわりとそこまでは苦労せず、液晶テレビよりは悩まないで済むかもしれません(とはいえ、BRAVIAに絞らず他メーカー製品も視野に入れると悩むでしょうが…)。

スポンサーリンク
レクタングル(大)

2019年の段階で発売されている有機ELのテレビとは?

  • A1(2017年)
  • A8F、A9F(2018年)
  • A8G、A9G(2019年)

画面サイズはそれぞれ、55インチや65インチ、75インチで展開しています(8の付くシリーズのみ75インチは生産なし)。

BRAVIAの初代有機ELテレビ”A1”について

A1が登場したことで、それまでBRAVIAの上位機種のほうの液晶テレビ(Z9シリーズなどだったと思います)を使っていた人をもだいぶ魅了した、革命的と言っても良さそうな製品でした、と言えるほど、2chや価格ドットコムなどの掲示板でA1に移ろうかな、的な書き込みが見受けられました。

そんなA1はすでに生産終了となっておりますが、ソニーストアで購入が可能ですし、Amazonなどの通販サイトでもまだ売られています。

Amazon価格
245,000円(2019年5月27日現在)

ちなみに、北海道の某ケーズデンキ店を覗きに行ったのですが、展示品現品処分価格で179,800円(税別)で売られていました、その場(レジ)で3%分現金値引きをしてもらい、残りの消費税分(5%)加算しますと、19万一歩手前のお値段で購入出来ることになるのですね、、いやこれ、2017年の夏頃、普通に32~35万くらいだったと思うのですが…まさか2年でここまで有機ELが値下がりするとは思いませんでしたね(゚∀゚)!

2018年夏までは、BRAVIAの有機EL=A1の一択でしたので、性能面などは液晶テレビと比較するよりほかにはなかったのですが、A8FやA9Fが登場したことにより、『A1とどっちがいいんだろう!?』と選択肢が広がることになっていきました。

A8シリーズとA9シリーズの特徴の違い

ざっくり言えば、A8シリーズが一般向けの有機ELテレビ(とりあえず有機ELのキレイさに惚れたので使ってみたい!というユーザーさん向け)、ということになります。逆に言えばA9シリーズが上位機種という位置づけになりますので、よりこだわった高機能を楽しみたい方向けということになろうかと思います(液晶でZ9Fという最上位機種もございますが…)。

かなり大まかに言えば、A9シリーズは画質も音質もA8シリーズよりは上ということになります。

そして、今後盛り上がるかもしれない『4K』のチューナーがA9シリーズの方には内蔵されている、という点が大きな違いです(地上波4Kはいつになるのでしょうか…)。

ちなみに4Kチューナーは2万円前後で売られているのをよく見かけます、今後はもっと値下がりするのかな…?とりあえず、テレビに4Kチューナーが内蔵していないからと言って、必ずしも受信できない、ということでもないので、内蔵型じゃなくてもいい、という人はA9シリーズを選択しなくても良い、ということも言えますね(画質や音質に惚れ込んでいる場合は話は別ですが…)。

それよりなにより大きな違いのひとつに、『レスポンスの良さ』が挙げられます。A1もそうでしたが、A8Fも同様に、アプリ操作などのレスポンスが遅くて、結構イライラしてしまうレベルである、という意見が多く見受けられます。毎日使うものですから、これってかなり実は重要事項だったりしますね。。

A9Fではこの『レスポンスの遅さ問題』をだいぶ解決してくれている、とのことですので、ここの差だけでも価格に差がついてしまうのも致し方ないのかな~とも思えます…とは言え、何万円も違うってのがやはり悩ましいところではありますね。。

2019年モデルの『A8G』が、やはり一般向けの有機ELテレビって感じなのですが、果たして操作性の、レスポンスの速さは向上されているのでしょうか…?こればっかりは、ソニーストアなり家電量販店なりで、A9FやA9Gなどと実機で操作して比較してみるのが良さそう、、むしろそのことを記事にしたい!笑

A8FとA9Fの違いを比較してみました

2018年に登場したBRAVIAとしては『2代目』となる有機ELテレビである両者を比較してみました。

記事参照

A8FとA8Gの違いを比較してみました

2018年モデルと2019年モデルの後継モデルですが、どのような進化を遂げているのか比較しています。

SONYの有機ELテレビ”A8F”と”A8G”の違いをいくつかまとめてみます!
SONYのBRAVIA(ブラビア)の有機ELテレビのラインナップに、『A8』と付くモデルが2018年より発売されています。 2018年は液...
スポンサーリンク
レクタングル(大)
レクタングル(大)
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをお気軽にどうぞ♪

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*