情熱大陸で菅原小春さんが特集されました

菅原小春さんというダンサーがインパクトありすぎた!
情熱大陸で2015年6月28日放送されました。

感想や評価をなかなか個人的には述べがたいほどの才能やセンスを感じました。

陳腐な言い方でしか彼女の事を語れそうにありません…
まず、中性的。
かと言って、男性っぽいとか女性っぽいとか、そういうのでもないんだよな。。
けど、イケメンなんですよ!
けど、ちょっとやんちゃな女の子でもあるし、普通に美貌だし…
菅原小春さんは男性からも女性からも好かれるダンサーであるのだろうな、と即座に納得し得る魅力でたっぷりです。
まぁけど特に女性人気は凄まじそう…

情熱大陸、カルティエのCM撮影の様子が出ていました。
キリッときめた菅原小春さん。
しかし、撮影が一段落すると、ロケ地の綺麗な草原のような場所だったので、どんどん走りだし、側転や前方転回を披露…笑
”抑えていた衝動”だという。

衝動、というキーワードは菅原小春さんにピッタリだと思える。
内から湧いてくる元気さ、踊りたくてウズウズする気持ち、エネルギッシュだ。

スポンサーリンク
レクタングル(大)

菅原小春の活動

ざっくり言いますが、気に入った曲に自ら振り付けていく、というものだ。
それを動画サイトなどでも披露、世界中の人が見る。
そして30カ国以上、ダンサーとして渡り歩く。
ポーランド、中国、クロアチア、など。

海外でもやはり、街中でもとにかく体が動く。
川辺で柔軟したり、腕立てまで披露!笑
3回しか腕立ては出来ない、と。
ダンスはコア(インナーマッスル)なので、腕立てとか別物なんだそうですよ。

オチャメな一面ばかりがとりあえず目立ちますが、”ダンス”へのプライド、ポリシーは凛としたものがあります。
ダンスをダンスとして、ひとつのアートとして世の中に知らしめたい、現状では”バックダンサー”などのように、他のアーティストを引き立たせるためのひとつの道具になっちゃってる、と。

バーニーズニューヨークという高級セレクトショップのCM撮影でも、店のCMなのに、撮影現場はまるで、菅原小春そのもののプロモーション撮影であるかのような、圧倒的空気感の支配を感じさせた。

菅原小春の髪型へのこだわり

ダンスで髪が乱れる、しかし”乱れても決まってる”そんな髪型へのこだわりがある。
最近はベリーショート(ツーブロック)、前髪が鼻くらいまであり、アシンメトリーだ。
気まぐれで金髪にした事もあるようです笑

菅原小春の”魅せ方”

背筋を伸ばし、肩を落とし、首の斜め前方あたりにフォーカスがいくような、そんな姿勢に。
すると!
ただ座っているよりも、”女性らしさ”のようなものが一気に出る!
首のは女性の命、と語った。

ダンスは日常の動きから来ている、とも。
指差す動作、手を降るような動作、どれをとっても、そこにどれだけ命を注げるかで、ダンスになる。
これらは、是非とも映像で御覧ください、ゾクッとしますよきっと(´・ω・`)

ダンスに対する思い

ダンスが好き、と率直にストレートに言い切る菅原小春さん。
正直に好きなものにまっすぐぶつかりすぎるがゆえに悩み、月1ペースくらいでやめたくもなるらしい(子供が欲しい!とか思うらしいです)。
けど、ダンスが好き、そこに尽きるようです。
モデルのお仕事などをやることも、ダンスを見てもらうための”線”をつくっていると言い切りました。

あと5年でダンスをやめるんだそうです。
「ぼーんって行って ぼーんってやめたい、体も痛えし、心ももたない」
と言いました。
本音のような冗談のような感じで言いましたが、
「28歳まで踊っているとは思わない」らしい。

実家でくつろぐ様子

4つ上のミュージシャンの姉、ご両親も登場。
実家がもっともくつろぐようです。
ベリーショートで、いわゆる”男性っぽい”菅原小春さんですが、幼少期のエピソードや写真なども紹介されました。
長い髪を切りたがらなかったという事、少女漫画のヒロインのようなイラスト描くのが好きだったという事。
自室にはオードリー・ヘップバーンの写真が額縁で飾られていました。
カーテンもピンクベージュっぽいもの、壁も白。
ド派手なポップ感丸出しのインテリアとかにしてそう、と誰もが想像するところだと思いますが、いたってスタンダードな”女の子”な菅原小春さんの日常生活環境が垣間見られました。

自分は本当のパーソナルは女の子っぽい、という分析を自身でもしています。

ダンスのキッカケはモーニング娘。
それを自分で振り付けなどして踊っていたそうです、ご実家にはお父様が張ってくれた全身が写るダンスミラー(?)もありました。
勉強をロクにせず、よなか中踊っていたそうです。

ストイックなダンスへの取り組み

18歳でロスに渡りダンスを見つめなおす事に。
コンテストで優勝することが目的となっている自分に疑問を感じての渡米。

ダンスの時は室温を上げ、暑くなっても踊れるように対策をとっている。

ある曲のサビの「デザイアー!」のところの振り付けで、何度も何度もイメージが降りてくるまで繰り返し繰り返し取り組む姿も。
直感で好きなように、体が勝手に動く人、という印象がこれまで感じられたが、まったく違った。
1時間をかけて、デザイアー!の部分にダンサーとして答えを出した。
”内系デザイア”という形で完成させた、感情を表に出すような最初の振り付けから、後退りし、葛藤を溜め込むような振り付けになった。

ダンスを見ていて、たしかにより一層デザイア(情熱)を感じられた、本当にそう思えた。

ちなみに、Years&YearsというグループのDesireという曲です!

動画も見れるかと思いますが、PVよりも小春さんの振り付けで観たい気がする…笑

おしまい

すごすぎて、見ていて疲れた…
すごいインパクトだった。

ただ、菅原小春さんのダンスは、見る人を惹きつける事は間違いないという事だけは言い切れる。

スポンサーリンク
レクタングル(大)
レクタングル(大)
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをお気軽にどうぞ♪

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です


*