2015年10月26日放送のしゃべくり007に鈴木亮平さんがゲストで登場!役作りの話などを紹介しました

2015年10月26日放送のしゃべくり007に鈴木亮平さんがゲストとして登場しました!

脅威の役作りとして、命がけの肉体改造をする事があるという鈴木亮平さん。

ロバート・デ・ニーロが役作りとして有名(デ・ニーロアプローチ)ですが、日本では鈴木亮平さんこそが役作りのカリスマ的存在とすら思える仰天なエピソードが登場しました(o・ω・o)

スポンサーリンク
レクタングル(大)

40日間で劇的な変化を遂げる役作り!

記憶に新しい『天皇の料理番』から10月31日に公開される映画『俺物語!!』。

これらの撮影までの間の日数はなんと40日間だったというのですが、痩けた頬がふっくら戻るというまずもう驚異的なものでした(゚д゚)!

HK撮影時の具体的トレーニング方法

まずは脂肪も筋肉もたくさんつける、とおっしゃいました。

ボディビルの本などを読みながら実践しているそうです。

HKの時は、ギスギスしすぎた感じの筋肉になってしまい、これでは色気がない!と感じた鈴木亮平さんはそこから1ヶ月、再びたくさん食べ始めたのだそうです。

そうすることで水分が増え、『できたての脂肪』が出来るそうです、重力に負けていない脂肪なのだそうで、それが筋肉の上に乗った感じになり、プリっとしていてセクシーなのだそうです…奥が深すぎる笑

こういう事をトレーナーもつけずに独学で励むということです。

HK撮影秘話として、はみ出し哲学も披露しました笑

バスローブを渡されたものの、隠すとそれをはだけた時に恥ずかしい、だったらもうそのままでいこう、というものでした(´・ω・`)

TOKYO TRIBE撮影時の役作り

凶暴なカラダを作るために、とにかく食べたそうです、なんと1日8食!

とにかくでかいカラダを目指したそうです、アスリートとは違う感じの(´・ω・`)

朝食、昼食前にもう1食、昼食、おやつ2~3回、夕食、夕食後にラーメン屋さん、そして就寝、という感じだったのだそうです。

ぜい肉と筋肉を同時につけようと思ったのだそうです。

週5でジム通いもしていたそうですが、疲れちゃうので1時間以上はいないように集中して励んでいたのだといいます。

それと同時に電車内でラップの練習などもしており、気づいたら周囲に人がいなくなっていた事もあったそうです笑

天皇の料理番撮影時の肉体改造

今度は逆に、やつれなければなりません。

そこで編み出したのが『キャベツ納豆』なるものだそうです。

サラダにしてしまうとドレッシングが必要で油を摂ってしまうものの、納豆にする事でドレッシング不要になり、ネバネバ感がドレッシング替わりになるのだとか!?

海苔を入れると俄然美味しくなるのだそうです、普通に本当に美味しそうでしたが…やはり物足りない感じなのだそうです。

本当は納豆が苦手だったという鈴木亮平さんですが、食べ物に憧れている体だと、「なにを食べても美味しいはずだ」という事で苦手を克服していったそうです。

これを4ヶ月続けて、ゲッソリしたのだそうです、もちろん他のものも食べてはいたのだそうですが…。

なれるまではイライラとしてしまうそうですが、なれてくると修行僧モードとなり、スッとなるそうです、うまく言えませんが笑

以前ガリガリに痩せた福田さんが言うには、野菜生活をしていると、ソッチ系の欲がなくなる、との事でしたがこれには鈴木亮平さんも同調しゼロになりますね、との事でした。

映画『俺物語!!』でのデ・ニーロアプローチ

オスゴリラに見えるように、首回りを太くした、というものだそうです…。

重い物を持って、肩を上げる、という方法で取り組んだそうです。

ちょっとでもお腹いっぱいの状態ではなくなったら食べる!という方法で体重を増やし、更に夜中にはアラームをかけ一旦起床し、お腹いっぱいに食べてまた寝る!という本格的なものだったようです(゚д゚)!

甘いパンを多く食べたそうです。

とこのように、どれもこれもきついものばかりですが、やはり天皇の料理番の時は半年間もかけて取り組んでいただけにつらかったようです。

WOW pillow

これがもっともよいネックピローだと鈴木亮平さんがご紹介!

移動中でのロケバスの中などでも、ワウピローを首に挟み込んで快適に眠りにつくのだそうです♪

スポンサーリンク
レクタングル(大)
レクタングル(大)
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをお気軽にどうぞ♪

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です


*