2015年12月3日放送のNEWS ZEROで特集された嫁ブロックという転職業界から生まれた言葉について

2015年12月3日放送のNEWS ZERO(ニュースゼロ)で『嫁ブロック』に関する特集がありました。

またもや新語を耳にした気がします、嫁ブロック…。

転職業界で使われている言葉だそうで、いったいどういったことなのでしょうか。

スポンサーリンク
レクタングル(大)

転職希望をする人は多く、それを阻むのが嫁ブロック

2010年には402万人程度だった転職者は2015年には500満員を超えているのだそうです。

また、15歳から34歳までの正社員を対象に厚生労働省が『若年者雇用実態調査』というものをおこなった結果、25.7%の人が転職を考えたことがあるのだそうです。

ざっくりいうと、若者の4人に1人は転職を希望している、と言えますね。

しかし、単身者ばかりではありません、既婚者もいれば、実家ぐらしの人などもいることと思います。

街の声でも、転職するための説得には一ヶ月はかかった、というものや、女性でも両親から少し反対をされたことがある、という声などがあり、やはり一個人で簡単に転職を決められるものではありませんね。。

転職会議 奥様座談会というもの

2015年12月3日東京都内で開かれたイベントのようです、文字通り奥様方が集まり、夫の転職への悩みを語り合うというものでした。

「簡単には転職してやってみたいことやりなよ」とは言えないえ?転職先のその会社)名前聞いた事ない」といった不安などが語られていたようです。

妻でありながらも働いている人も当然多くいる

収入面での不安があり、減った分は自ら働かなければいけないかな、といった悩みを抱える人もいました。

地方への転勤となってしまった場合、私の仕事はどうなる…?という不安、また、転職による引っ越しで新たな環境、新たな人脈の中生活していく事への不安など、実に様々な悩みがあるようです。

こういった不安の結果、転職にNOサインを出してしまう現状が多く存在する事から、『嫁ブロック』という言葉が登場するとのことでした。

スポンサーリンク
レクタングル(大)
レクタングル(大)
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをお気軽にどうぞ♪

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です


*