2016年5月9日放送のNEWS ZEROで特集された3日で10万部数売れた絵本『このあとどうしちゃおう』

2016年5月9日放送のNEWS ZEROのZERO CULTUREでは絵本の特集がありました。

絵本業界では1万部売れればヒットなのだそうですが、累計10万部をすでに売り上げているという話題の絵本がありそうで、紹介されていました(o・ω・o)

そのタイトルが『このあとどうしちゃおう』という絵本です。

スポンサーリンク
レクタングル(大)

このあとどうしちゃおうの特徴

このあとどうしちゃおう、という絵本の内容としては、亡くなったおじいちゃんの遺したノートに、自身の死後、自分がどうなりたいかを書き記しておいたものが登場します。

「こんな神様がいてほしい」

「天国はこんなところであって欲しい」

などという内容をわりとコミカル?に、ユーモラスに書き記されてあります。

 

Amazon▶このあと どうしちゃおう

作者のヨシタケシンスケさん

元々イラストレーターであったというヨシタケシンスケさん。

その才能を活かし、2013年に絵本作家としてデビューなさった方なのだそうです。

これまでに、

  • りんごかもしれない
  • ぼくのニセモノをつくるには
  • もう ぬげない

などといった作品が代表作だそうです。

りんごかもしれないがこれまでに30万部、ぼくのニセモノをつくるにはが15万部という売上を記録しているそうです(゚д゚)!

ほかにも、『ふまんがあります』『りゆうがあります』などという作品も出版しており、やはり大ヒットとなっているようです。

Amazon▶りんごかもしれない

 

ヨシタケシンスケさんの絵本がヒットする理由とは?

ずばり、発想の豊かさにありそうです。

次々と繰り広げられる独自の発想、りんごかもしれないでは、男の子がりんごを見つけますが、「これはりんごじゃないかもしれない」と思い始め、りんごを様々なものに見立ててゆく、という内容だそうで、それを絵本として展開していく感じのようです。

なんと、りんごを100通りもの発想で描いているそうですよ…

ではなぜ発想をテーマにするのか、というと、

「今は1つのものに対する考え方が3つくらいしかなく、その3つに当てはまらなければダメですよ、という風潮があるような気がする」

とのことで、もっと選択肢を増やすべき、それを絵本で表現することが出来る、ということのようです。

実際に、絵本作家となる以前にも『なで肩ハンガー』などといったユニークな作品も作ったりもしていたようです(o・ω・o)

「発想をずらすことで、世の中のものが面白く見える」のだそうです、僕もちょっと凝り固まっているかもしれない脳を、もっと自由にしてやりたいかな?なんて思わされてしまいます。

ヨシタケシンスケさんの絵本は、絵本の概念そのものを覆すような発想でもあります。

『絵本=ウサギがオオカミにいじめられていて…』といった内容のものが誰しも思い浮かぶものだと思いますが、そういう既成概念そのものを気にせず、好きなように書いているのだそうです。

というわけで、大人同士でもプレゼントなどにしてもいいかもしれませんね、母の日の前に知っておきたかった気がしないでもないです(´;ω;`)

スポンサーリンク
レクタングル(大)
レクタングル(大)
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをお気軽にどうぞ♪

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です


*