2016年6月21日放送のNEWS ZEROでは女子生徒も増え続けている農業高校の特集がありました!

2016年6月21日放送のNEWS ZERO(ニュースゼロ)。

桐谷美玲さんのmy generation(マイジェネレーション)では、女子に人気の職業を授業にしている高校がある、という話題に関する特集でした(o・ω・o)

具体的に登場したその職業と授業についてまとめてみます_〆(・ω・` )

スポンサーリンク
レクタングル(大)

女子の人気急上昇中という農業高校の現状が伝えられました

農業高校=農業をするための高校、そして農業=男子の力仕事、という図式はすでに過去のものとなっているようです。

1995年では農業高校における女子生徒の割合は33.5%程度だったのですが、年々右肩上がりに増えて行き、2015年には48.8%までになっているのだそうです。

おそらく、半々になる日も近いでしょうし、女子のほうが生徒数が多い、ということも当然出て来るでしょうし、実際すでに女子生徒のほうが多い農業高校も存在しているようです。

銀の匙が農業高校人気のキッカケに!?

有名なコミックですが、農業高校を舞台にしたこちらの作品がきっかけで女子生徒が増えたのではないか?という見解もあるようです。

東京都世田谷区の都立園芸高校で桐谷美玲さんがロケ

東京ドーム2.3個分の敷地であり、敷地内を自転車で移動しておられました笑

生徒さんも学生服ではなく、農業高校ということで作業服を着用しておられましたが、これがまた活き活きとしており感銘を受けた次第です(^O^)

盆栽コーナーや畑や果樹園など、すべて生徒が手がけているものが登場しました。

廊下の先にはなんと、動物が数多く飼育されている様子がありました。

ヒョウモントカゲモドキというトカゲの仲間です、西野七瀬さんも食付きそうなほどのかわいらしい爬虫類でした笑

このように動物がいるのは、都立園芸高校では『動物科』という科があるからなのだそうです。

2006年より新設された科なのだそうで、犬やうさぎ、ゾウガメまでおり、およそ30種類もの動物の飼育方法が学べるのだそうです。

犬のシャンプーや耳掃除など、かなり実践的であり、桐谷美玲さんも犬の爪切りを体験なさっていました。

このように、農業高校と一口に言っても、このような科目が選択でき、こちらの科では75%が女子生徒なのだそうです。

パンやお菓子づくりを学べる食品科や、フラワーアレンジメントを学べる園芸科などもあるようです。

定員割れ対策の結果、科が増えていったそうです

ペットブームで動物の人気が出てきた時に動物科を設置して、学校存続を図ったことが始まりだったそうです。

そして、女子生徒が希望している産業・職業が農業高校の中にはたくさんある、とも校長先生がおっしゃっていました。

お菓子店や生花店、ペットショップなどなど、女子生徒が就きたい職業というものに対し柔軟に対応してゆくことで、今では都内全域から生徒を確保することができているのだそうです。

園芸高校卒業後の生徒の近況も報告されていました

東京都港区のPET-SPA高輪店というお店が登場しました。

こちらの店員さんが、3年前に都立園芸高校を卒業なさったのだそうで、今ではトリマーとして勤務なさっているようです!

動物科での経験を活かせているようです、小学生の頃からトリマーに憧れ、都立園芸高校を知り、「ここしかない!」と思ったのだそうです、素敵ですね(*´∀`*)

男性社会に飛び込む女子生徒の姿も紹介されました

庭造りや街路樹などの剪定などを行う造園業という職種に、2016年3月に卒業したばかりの女子生徒さんが見習い研修として勤務しておられる姿がお伝えされていました。

具体的には、高校2年生の時に『造園技能士 3級』という資格を取得し、その資格を活かすべく、今につながっているのだそうです。

愛知県安城市の安城農林高校も紹介されました

27人のクラスのうち男子はたったの3人というこちらの学校のとあるクラスでは、男子も女子も混ざって、なにやら楽しそうにお花を束ねたりしています。

ぶっちゃけあまり詳しくは紹介されなかったのですが、フラワーアレンジメントを学んでいる最中だったようです。

東京のみならず、日本の全国各地にこのように将来直接職業にすぐに役立ちそうな科目を学べる高等学校というものがあるようです。

※北海道の三笠市にも調理に特化した学校があったりもします。。

スポンサーリンク
レクタングル(大)
レクタングル(大)
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをお気軽にどうぞ♪

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です


*