2019年10月21日のNEWS ZERO(ニュースゼロ)にラグビー日本代表が緊急生出演!

南アフリカとの激闘を終え、ベスト8という結果に終わったラグビー日本代表選手の面々が、2019年10月21日放送のNEWS ZEROにゲスト出演しました!

スポンサーリンク
レクタングル(大)

NEWS ZEROでラグビー日本代表が語った内容

『激闘の裏側を直撃』ということで、これだけ日本中が熱狂したラグビーワールドカップですので、注目度も高いことと思われます。

そんな『ラグビーロス』が少しでも緩和されれば良いですね(´・_・`)

ご出演なさった選手の皆様は、ヴァルアサエリ愛、松田力也、山中亮平、坂手淳史、德永祥尭、田中史朗、田村優、稲垣啓太、堀江翔太、松島幸太朗、福岡堅樹、以上敬称略ですが、こんな感じでした(リーチマイケルさんにも着てほしかったな。。)

すでに日本代表選手は解散している!

ラグビーワールドカップの規約があり、試合後48時間以内に解散せねばならないのだそうで…試合から24時間もしないうちに、激闘を繰り広げたラグビー日本代表のチームはすでに解散している、と福岡堅樹選手が明かしました。。

つまり、もう同じチームで戦うことはできない、ということであり、ますますラグビーロスが進んじゃう人もいるのかもしれません。

田中史朗選手のインタビュー

「もっと試合がしたかったという思いでいっぱいです」と、大変素直な声をもらしておりました。

南アフリカ戦では100%の力を出し切ったものの、敵わなかった、と悔しさものぞかせました。

日本中にラグビーが浸透した手応えも感じており、さらに今後普及活動に力も入れ、一過性ののブームに終わるのではなく、今後もラグビーを見て欲しい、とラグビー愛あふれることばも口にしておりました。

田村優選手のインタビュー

ピッチからみる景色は初めてみる景色だった、と語り、日本国民の熱い応援に感謝している旨を明かしました。

目標としていたベスト8も達成し、ある程度の満足感もあるようで、ほっとしているご様子でした。

稲垣啓太選手のインタビュー

台風被害に遭った方々へ勇気を与える、というにはおこがましいものの、ラグビー選手なので、ラグビーを通して、少しでも元気を与えることができれば、という思いを常に抱えて、スコットランド戦、そして南アフリカ戦に挑んだようです。

南アフリカのパフォーマンスは素晴らしく、一枚上手だった、と評しました。

山中亮平選手のインタビュー

南アフリカ戦は今までで一番のフィジカルバトルになると言われていて、結果、やはりタフな試合だった、とのことでした。

松島幸太朗選手のインタビュー

2015年の南アフリカ代表チームは『フィジカル』のプレッシャーに特化した印象だったものの、今回はキックも使いつつ、フィジカルも強いままのプレッシャーを与える戦術に進化しており、賢いチームだった、という印象を語りました。

堀江翔太選手のインタビュー

どこかしらケガなどを抱えつつ挑んだ南アフリカ戦、やはりフィジカルは強かったと語りました。しかしスクラムで競り勝つ場面もあり、今まででは考えられないこと、と語りました。

福岡堅樹選手のインタビュー

ベスト8達成を日本大会で達成できたことに意義があるし、今後世界に向けても存在感を示せた、と手応えを感じたようです。

にわかファンについて

坂手選手は、にわかファンおおいにあり!と語っており、2020年1月より始まる国内トップリーグもぜひ間近で見てほしい!と語りました。

スポンサーリンク
レクタングル(大)
レクタングル(大)
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをお気軽にどうぞ♪

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*